山崎喜胤の顔画像、Facebook、人物像は?息子を檻で25年間監禁したってよ!

山崎喜胤

自宅の檻で42歳の息子を監禁した容疑で山崎喜胤容疑者が逮捕されました。

なんと25年間も檻で監禁していたのです。

そんなことって可能なのか?


スポンサーリンク

事件の概要

事件が起きたのは、兵庫県三田市。

山崎喜胤容疑者は次のように供述しています。

息子が暴れるようになり、16歳の頃から檻の中で生活させていた。

実は、三田市は過去に複数回、息子について相談を受けていましたが、次の理由で相談内容や監禁の実態を把握していたかどうかを明確にしていません。

捜査への影響。

さらに三田市は、このようにコメントしています。

必要な情報は提供していた。今とは時代が違い、当時であれば対応に問題はなかったと思う。

確かに、時代によって制度や仕組み、習慣が異なりますから一概に三田市の当時の対応が不適切だったとは言えないでしょう。

しかし、三田市が息子の監禁を知っていて対応ができなかったとしたら、それは不適切な対応となります。

山崎喜胤

人権は守られるべきですから。

それにしても、25年間も息子を檻に監禁生活させた山崎喜胤容疑者は、どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

山崎喜胤容疑者の顔写真。

山崎喜胤容疑者について、現在判明している情報は、次のとおりです。

  • 年齢:73歳
  • 職業:無職
  • 住所:兵庫県三田市

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

ご高齢のこともあり、もしかしたらFacebookを行なっていないのかもしれません。

気になる方は、こちらから見て下さい。
Facebookアカウントの検索結果。

詳細が判明次第、このサイトでも順次情報を更新していきます。

それにしても、25年間の檻での監禁生活は可能なのでしょうか?

檻の監禁生活実態。

25年間の檻の中の監禁生活は、自宅の敷地内のプレハブで行われました。

簡易トイレでその生活は異臭を放ち、エアコンが3回故障したようです。

山崎喜胤

そのため、エアコンは付けずに夏は扇風機、冬はストーブで生活させていました。

息子は障害があったため、プレハブの壁を叩いたり、窓ガラスを割る行為がありました。

このような暴れる行為により、檻の監禁生活を強いていたようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

  • 早い段階で行政に相談すべきだったと思うが、一方的に父親が悪いとは言い切れない。
  • 家庭内暴力でどれだけ大変だったことか。近所にも迷惑かけて、苦肉の策だったのだろう。
  • 息子さんに障害があることを周りに知られたくなくて、誰にも相談できなかったのではないでしょうか?

父親に同情する声が多かったのが印象的でした。

山崎喜胤

高齢の介護疲れで介護者を殺めてしまう事件もよく耳にします。

そのような事件と同様な感じがしますよね。

加害者も苦しくて、どうすることもできなくて、やむなく犯罪を犯してしまう事件。

他人事ではないと思います。

このような問題に、どのような解決策があるのか。

皆さんで検討しなければなりませんね。

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!