山里亮太の本「天才はあきらめた」がバカ売れ!お前を干すと宣言した青木さやかもビックリ?

山里亮太

山里亮太さんが出版した自伝的エッセイ「天才はあきらめた」がバカ売れしています。

「お前を干す」と言い放った青木さやかさんもビックリなのではないでしょうか?


スポンサーリンク

山里亮太さんが「天才はあきらめた」を出版

南海キャンディーズの山里亮太さん。お笑い芸人という枠を超え、MCなどにも挑戦し番組の場を回すのには最適の人物ですよね。

しかし、現在の地位を手に入れる前、かつて不遇の時代があったのです。

山里亮太

その状況を赤裸々に記した著書「天才はあきらめた」が大人気過ぎて即重版となっています。

努力の天才とも言える山里亮太さんの格好悪いこと、情けないことも全て書いた、芸人の魂の記録となっています。

スポンサーリンク

努力の人間、山里亮太

「自分は天才にはなれない」。そう悟った日から、地獄のような努力がはじまった。

南海キャンディーズの山里亮太さんは、天才には慣れないと悟った日から努力の天才となりました。

実は、2006年に「天才になりたい」という本を発売し、今回、全ページにわたり徹底的に大改稿し、更に新しいエピソードを加筆して満を持して販売されたのがこの「天才はあきらめた」です。

山里亮太

2018年7月6日に発売され、人気のあまり瞬く間に重版されています。

例えば、こんな名言が書かれています。

  • 劣等感が最高のガソリン。
  • 嫉妬の化け物。
  • どんなに悔しいことがあっても、それをガソリンにして今日も爆走。

人生のバイブルになりますよね。

読者からは、絶賛するコメントが数多くあり、お笑い芸人か書いた面白おかしいだけの著書とは全く違うものとなっています。

これには、「お前を干す」と言い切った青木さやかさんもビックリなのではないでしょうか?

このサイトでも紹介しましたね。
山里亮太へ「お前、干すからな」と言った女芸人が特定された。

スポンサーリンク

退路を断った山里亮太

山里亮太さんは、芸人を目指すにあたりまず退路を断ちました。

大阪のよしもとに入るため、地元千葉から関西大学に進学します。

山里亮太

学生寮で次にように宣言します。

自分は芸人になるためにここに来た。

中々言えませんよね。

寮生全員に見送られながらよしもとの養成所に入学します。

山里亮太

ここまで来ると、簡単に辞めるわけにはいかないですよね。

しかし、同期には芸人コンビのキングコングがいました。

彼らは19歳の若さで養成所在学中に賞を獲るという快進撃に、養成所講師はこう言います

今年はキングコングが出たからええやん。

山里亮太さんは「ふざけるな!」と燃え上がりネタを書きまくります。

そして、好きな芸人のネタを書き起こし、爆笑問題やダウンタウンに自分が笑ったところで「今どうして面白いと思ったか」をノートに書くことを続けます。

このような努力が実を結んだのです。

スポンサーリンク

オードリー若林正恭さんも絶賛

著書の巻末にオードリーの若林正恭さんの解説があります。それも含めて最高の著書となっています。

若林正恭さんは、こんなコメントを書いています。

あの実力があって慕われていないとなると、よほど人望がないのだろう。

最高の言葉ですね(笑)

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!