【暴行】山口成能先生(容疑者)の顔画像、家族は?浜松市の聖隷クリストファー高校教師が男性の顔を殴って逮捕!

山口成能

路上で男性の顔を殴った疑いで、浜松市の聖隷クリストファー高校の教師である山口成能容疑者が逮捕されました。

暴行した原因は何だったのでしょうか?


スポンサーリンク

事件の概要

事件が起きたのは、静岡県浜松市。

浜松市の高校教師の男が、2018年12月22日の夜、中区の路上で男性の顔を殴ったとして暴行の疑いで現行犯逮捕されました。

現行犯逮捕されたのは、聖隷クリストファー高校の教師である山口成能容疑者です。

2018年12月22日の20時30分頃 浜松市中区の路上で40歳の男性の顔を殴った疑いが持たれています。

スポンサーリンク

警察によると、経営する飲食店の中にいた男性が物音を聞き、外に出ると店の看板が倒れていたため、近くにいた山口成能容疑者に声をかけたところ殴られたということです。

山口成能容疑者は、当時酒を飲んでいました。

警察の調べに対して、容疑を否認しているということです。

人を殴って現行犯逮捕されてますから、容疑を否認することは無理がありますね。

お酒を飲んでいて、覚えていないのかもしれません。

そんな山口成能容疑者は、どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

山口成能容疑者の顔写真

山口成能容疑者について、現在判明している情報は次のとおりです。

  • 年齢:46歳
  • 職業:聖隷クリストファー高校の先生

46歳ですから、結婚して家族、子供がいる可能性がありますね。

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

もしかしたらFacebookを行なっていないのかもしれません。

気になる方は、こちらから見て下さい。
Facebookアカウントの検索結果。

詳細が判明次第、このサイトでも順次情報を更新していきます。

スポンサーリンク

聖隷クリストファー高校

山口成能容疑者の勤務先は、聖隷クリストファー高校です。

場所を調べてみました。

住所は、〒433−8558 静岡県浜松市北区三方原町3453です。

聖隷クリストファー高校

教育目標は、次のとおりです。

聖隷クリストファー高等学校は、キリスト教の精神を基盤に学校教育法に基づき小学校・中学校における教育の基礎の上に、心身の発達に応じた後期中等普通教育を施す。

教育方針は、次のとおりです。

キリスト教の隣人愛の精神を基本に、真理と愛に立脚した国際的視野を持ち、世界の平和と人類の福祉に積極的に参画する人物の育成を目指します。

神と人とに対する畏敬の念と愛とは、いつの時代にあってもともに重要な価値であることを踏まえ、一人ひとりの生徒の能力・適性及び興味・関心などを的確に見極め、その生徒の可能性を最大限に伸ばす指導に徹します。

生徒は、本校での学びを通して自己を確立し、生命と人格を大切にする人間としてのあり方を身につけ、「人のために役立つ」愛の生き方を今後の進路に結びつけ「たくましい実践力」の持ち主になることを目指します。

いい教育方針ですね。

併せて、犯行現場も調べてみました。

こちらも詳細が判明次第、このサイトでも順次情報を更新していきます。

スポンサーリンク

ネットの反応

  • 年末も教師の犯罪で紙面は大賑わいだ。
  • 懲戒免職処分になるだろうね。
  • 教師の不祥事が多すぎる。
  • キリスト教の高校かな?

現役の先生による暴力事件に対する厳しい声が多かったことが印象的でした。

正当防衛は仕方ないですが、暴力はいけませんよね。

お酒は理由になりませんから。

先生による暴力事件はこのサイトでも紹介しましたね。
【九大暴行】宮沢健介容疑者の顔画像は?九州大学の准教授が放生会(祭り)途中の児童を膝蹴り!

先生なのですから、人としての見本になる行動をするべきすよね。

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!