田中啓太郎容疑者の顔画像、Facebookは?池袋のクラブDJ JOMOが大麻所持で逮捕!

田中啓太郎

自宅で大麻約540グラムを営利目的で所持していた疑いで、田中啓太郎容疑者が逮捕されました。

この容疑者、凄腕のDJだったようです。

その実態に迫ります。


スポンサーリンク

事件の概要

事件が起きたのは、東京都豊島区。

2018年5月22日、自宅で大麻およそ540グラム、末端価格で320万円相当を営利目的で所持していた疑いで田中啓太郎容疑者が逮捕されました。

田中啓太郎容疑者は、大麻を音響機器の中に隠して自分の店に運び、客に大麻を売ると別室に案内し、部屋の中だけで使用するよう求めていました。

田中啓太郎

警察の調べに対し、営利目的での所持について認否を留保しています。

田中啓太郎容疑者は、クラブの客に大麻を売っていたとみられています。

クラブは薄暗いですから、違法薬物の売買に適している場所なのかもしれませんね。

大音量で話し声が周りに拡散しませんし。

そんな田中啓太郎容疑者は、どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

田中啓太郎容疑者の顔写真

田中啓太郎容疑者について、現在判明している情報は次のとおりです。

  • 年齢:42歳
  • 職業:club ikebukuro BEDの店長、兼DJ
  • 住所:東京都板橋区上十条

田中啓太郎容疑者は、DJ名「JOMO」として活動していました。

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

もしかしたらFacebookを行なっていないのかもしれません。

気になる方は、こちらから見て下さい。
Facebookアカウントの検索結果。

詳細が判明次第、このサイトでも順次情報を更新していきます。

スポンサーリンク

犯行現場

犯行現場となったのは、club ikebukuro BED。

場所を調べてみました。

ホームページは閉鎖されておらず、イベントも控えている模様です。

こちらの動向も、詳細が判明次第、このサイトでも順次情報を更新していきます。

スポンサーリンク

ネットの反応

  • DJが売人ってパターンはよくある事。
  • クラブのイメージが悪くなる。
  • クラブとダンスとDJとかヒップホップまで風評被害
  • このクラブは昔から臭かったな。

クラブに対するイメージ悪化を懸念する声が多かったことが印象的でした。

健全に運営しているクラブも同一に見られてしまいますね。

田中啓太郎

しかし、このような場所が違法薬物の温床になっているのでしょう。

クラブに限らず、違法薬物は徹底的に取り締まって欲しいですね。

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!