田中彩容疑者の顔画像、Facebook、人物像は?自分の乳児を敷地内に遺棄!衝撃の発見経緯が判明。

田中彩

アパートの敷地内から生後間もない女の赤ちゃんが遺体で発見されました。

このアパートに住む36歳の母親の田中彩容疑者が逮捕されました。

発見の経緯が衝撃です。


スポンサーリンク

事件の概要

事件が起きたのは、神奈川県川崎市。

2018年3月4日の午後4時すぎ、高津区下作延のアパートの敷地内でキャリーバッグの中から、生後間もない乳児の遺体が発見されました。

警察は、2017年10月に乳児の遺体を遺棄した疑いで、無職の田中彩容疑者を逮捕しました。

田中彩

警察が現場周辺で聞き込みなどの捜査をしたところ、乳児の遺体が敷地内で見つかったアパートに住む田中彩容疑者が次のように犯行を認めます。

自分が産んだ子です。

警察の調べに対して、田中彩容疑者は次のように話しています。

私がやったことに間違いありません。自宅で赤ちゃんを産んだ後、気を失って気がついたら死んでいた。

警察が詳しい動機などを調べています。

昔からこのような事件が後を絶ちません。

大人のモラルの問題があるのでしょう。

子供を望まなければ、色々と出来ることがあるはずですから。

田中彩容疑者は、一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

田中彩容疑者の顔写真。

田中彩容疑者について現在判明している情報は、次のとおりです。

  • 年齢:36歳
  • 職業:無職
  • 住所:神奈川県川崎市高津区

現在、田中彩容疑者の顔画像は、公開されていません。

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

もしかしたらFacebookを行なっていないのかもしれません。

気になる方は、こちらから見て下さい。
Facebookアカウントの検索結果。

どのようにして遺棄された乳児が発見されたのでしょうか?

気になるその経緯に迫ります。

遺棄された乳児の発見経緯。

2018年3月3日午後、発見現場の近くで清掃作業をしていた男性(26歳)が異臭を感じます。

不審に思い周囲を探したところ、アパートの敷地内で遺体の入ったスーツケースを発見します。

田中彩

そして、事件が発覚しました。

遺体は腐敗が激しく、性別も分からないほどでした。

警察に通報度、警察が付近で聞き込みを行い、田中彩容疑者が容疑を認めました。

田中容疑者は次のように自供しています。

乳児をタオルでくるんでポリ袋に入れた。

警察は詳しい経緯、動機を調べています。

通常の精神状態では、このような行為はできませんよね。

どのような精神状態だったのでしょうか?

やはり動機が気になります。

さらに、乳児の父親は一体誰なのか?父親はこの事件についてどう思っているのか?

詳細が判明次第、このサイトでも順次情報を更新していきます。

スポンサーリンク

ネットの反応。

  • 確かに悪いのは母親。しかし、父親にも責任はある。父親は罪に問われないのか?
  • 最近幼児や赤ちゃんの死亡が多すぎる。
  • 我が子をゴミみたいに扱えるのか不思議でなりません。

多くの人が、悲しい事件として捉えていますよね。

それは当然ですよね。

実の母親が我が子を遺棄したのですから。

こんな悲しいことはありません。

両親の様々な事情があるかもしれませんが、決して起こしてはいけない犯罪です。

今後、同様の事件が起こらないことを願いたいです。

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!