【不正受給】鈴木俊太郎准教授の顔画像、家族は?信州大学の准教授が架空請求で280万円着服!

鈴木俊太郎

信州大学鈴木俊太郎准教授が、カラ出張などを繰り返し研究費280万円余りを不正に受け取っていたことがわかりました。

一体、何のために不正受給していたのでしょうか?


スポンサーリンク

事件の概要

事件が起きたのは、信州大学。

信州大学は2018年10月18日、信州大学術研究院教育学系鈴木俊太郎准教授(社会心理学、臨床心理学)が、カラ出張などの架空請求を繰り返し、研究費280万円余を不正に得ていたと発表しました。

得た額相当の現金が同准教授の研究室の金庫に保管されていました。

不正受給は鈴木俊太郎准教授が1人で行い、私的流用の事実は確認できなかったとしています。

鈴木俊太郎准教授は2009年に信州大学助教、2012年から現職です。

同大研究推進部研究支援課によると、不正が確認されたのは2012~2017年度です。

実際には行っていない出張に行ったことにしたり、宿泊数を水増ししたりした旅行完了報告書を提出し、計80回にわたり宿泊費や交通費などを得ていました。

スポンサーリンク

不正受給の理由

信州大学の調査によると、不正に得た研究費の一部は研究室のプリンターの修理に使われていました。

大学運営資金から50万円余、国の科学研究費助成事業(科研費)から230万円余が支払われてしました。

鈴木俊太郎准教授は、次のように供述しています。

研究費を残すと研究がうまく進んでいないと思われるためだった。最終的には今後の研究に使うつもりだった。

不正は定例の内部会計監査で発覚しました。2018年10月17日に処分審査委員会が発足し、12月をめどに処分を決定する方針です。

不正に得た研究費は今後、返還するとしています。

信州大学は、次のようにコメントしています

関係の皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げる。事態の重大性を真摯に受けとめ、再発防止に全力を挙げて取り組みます。

不正受給は許せないですね。

これは税金なのですから。

そんな鈴木俊太郎准教授は、どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

鈴木俊太郎准教授の顔写真

鈴木俊太郎准教授について、現在判明している情報は次のとおりです。

  • 年齢:40歳
  • 職業:信大学術研究院教育学系の准教授

40歳ですから、結婚して家族、子供がいる可能性がありますね。

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

気になる方は、こちらから見て下さい。
Facebookアカウントの検索結果。

詳細が判明次第、このサイトでも順次情報を更新していきます。

スポンサーリンク

ネットの反応

  • たった280万円で将来を駄目にする馬鹿な行為だ。
  • 懲戒免職で退職金無し。横領罪で起訴。横領金の返還。そして再就職の難航。損しかしてないよ。
  • もっと早く見抜けないのか?
  • 教授への道が閉ざされたな。

現役の准教授による不正受給に対するもったいない声が多かったことが印象的でした。

40歳で准教授ですから、本来なら今後の出世が見込めましたよね。

その機会を失ったわけですから。

本当にもったいない話です。

教授の不祥事はこのサイトでも紹介しましたね。
【九大暴行】宮沢健介容疑者の顔画像は?九州大学の准教授が放生会(祭り)途中の児童を膝蹴り!

今後の自分のキャリアのことを考えて行動して欲しいと思います。

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!