那須川天心、強すぎる秘密とは!?

那須川天心

2017年4月16日(日)に横浜アリーナで行われたRIZIN IN YOKOHAMAにおいて、「神童」と呼ばれた那須川天心選手(18歳)が、フランチェスコ・ギリオッティ選手を1回67秒の瞬殺KOで勝利しました。

2016年度末に総合格闘技デビューして、3連勝を飾りました。その強さの秘密は・・・

スポンサーリンク



この強さ、バケモノ級。

那須川天心選手は、現在注目されている格闘家です。

1998年生まれの18歳。

身長162センチ、体重55キロで、アマチュア時代の戦績は105戦99勝37KOでした。

勝率はバツグンですが、想像以上にKO率は高くないですよね。

これはちょっと意外でした。

幼少期から空手を学んでいましたが、小学6年生のときにK-1を観てキックボクシングに転向します。

2010年にジュニアトーナメントで優勝するなど、アマチュアタイトルを次々と獲得します。

アマチュア・ジュニア界の「パウンドフォーパウンド」と称されるようになります。

<獲得したアマチュアタイトル>

  • 空手全日本大会優勝
  • 空手全世界大会優勝
  • ムエローク35Kg王者
  • M-140、45、50Kg王者
  • 全世界アマチュアムエタイ金メダル

等など・・・

この強さ、当然プロへ転向しますよね。

アマチュアでは大金を獲得できませんし、名声も低いままですからね。

そして、高校生の16歳でプロデビューし、無敗のままRISEバンタム級のタイトルを獲得します。

幾つかの国内タイトル獲得後、世界大会へ挑戦します。

結果、17歳で世界王者を獲得します。

日本プロボクサーの場合、ライセンス交付は17歳からです。

この点からしても、那須川天心選手がとんでもない強さであることがわかりますよね。

仮にプロボクサーになっていたら、どうなっていたのだろう?って思います。

井上尚弥チャンピオン(24歳)に匹敵するボクサーになっていた可能性がありますね。

ボクシングファンの僕としては、今からでもプロボクサーに転向して欲しいと思ってます。

スポンサーリンク



異例の連戦。

2016年12月14日にRIZINで総合格闘技デビューの記者会見を行い、参戦が決定します。

この時点で、総合格闘技の練習は5回程度しか行っていませんでした。

2016年12月29日にニキータ・サプン選手と対戦し、1回2分47秒でTKO勝利を飾ります。

勝利後のマイクパフォーマンスで、那須川天心選手は高田延彦統括本部長に直訴します。

「2016年12月31日の大晦日に、もう1試合組んで下さい!

中数日で連戦することは異例中の異例ですよ。

格闘技の世界でこんなこと、僕は聞いたことがありません。

1回2分47秒と短い試合だったため、体力的に問題はなかったでしょう。

しかし、試合の数カ月前から体を作り、試合当日に自分のピークを持っていくのが格闘技の世界です。

体と一緒に心の状態もピークに持っていくのです。

中数日の連戦は、ちょっと考えられないですね。

でも、高田延彦統括本部長は、その場でドクターチェックで問題なければ大晦日の参戦を認める決定を下します。

ついに大晦日のRIZINでTV放送デビューを果たし、カウイカ・オリージョ選手と対戦して、2回37秒でKO勝利を飾ります。

TVで観てましたが、規格外の強さでしたね。

連戦でどちらもKO勝利しちゃうのですから。もうビックリ仰天です。

那須川天心選手には、常識が通用しませんね。

次の対戦相手は、元IBF世界フライ級チャンピオンのアムナット・ルエンロン選手でした。

アムナット選手は現役ボクサー時代、5度の防衛に成功した実力派ボクサーでした。

この選手に対して、左ボディブローで4回2分39秒KO勝利を飾ります。

元世界チャンピオンに「左ボディブロー」でKOする。

これはとんでもない強さですよ。

もう1度言います。

本当にボクシングに転向して欲しいです、那須川天心選手!(笑)

スポンサーリンク



武尊、出てこいや~!

実は2016年頃、那須川天心選手は、キックボクシングのスターである武尊選手との対戦を希望していました。

那須川天心選手は、あらゆる場所で、武尊選手とのマッチメイクを煽っていました

「自分のベルトを全て賭けてもいい。ファイトマネーも総取りで、自分が判定勝ちなら負け扱いでもいい」

とコメントしています。

相当、武尊選手との試合を熱望していたことがわかりますよね。

ビックネームと試合をすれば、さらに注目が集まりますし。

格闘技の世界を盛り上げる一助にもなりますね。

純粋に強い選手と戦いたかったのかもしれません。

しかし、武尊選手は多くを語ることはありませんでした。

おそらく、「大人の事情」で対戦が実現しなかったのでしょう。

そのことを公に説明することは出来ません。

「大人の事情」を知らない世間からは、「武尊選手が逃げた」と言われるようになります。

結局、この対戦は今現在も実現していません。

今では、那須川天心選手の武尊選手との対戦コメントが少なくなっていきます。

対戦を諦めたのかもしれませんね。

スポンサーリンク



亀田興毅と対戦決定!?

アメーバTVの企画で、元ボクシング3階級制覇の亀田興毅さん(30歳)が「ボクシングルールで亀田興毅に勝ったら1,000万円!!」の対戦相手を募集しています。

那須川天心選手は、この企画に応募したことを明かしています。

「せっかくだから戦いたいです」

とコメントしています。

今の那須川天心選手だったら、亀田興毅さんに楽勝でしょう。

どのように対戦相手が選ばれるのかわかりませんが、企画として是非対戦して欲しいですね。

果たして、この神童を倒す相手はいるのでしょうか?

興味が尽きませんね。

スポンサーリンク



よかったらいいね・シェアお願いします!