テレビ東京がまた攻めてる!レオパレス21の社長に直撃取材!

レオパレス21

いろいろな意味で攻め続けているテレビ東京。

「カイアの夜明け」でレオパレス21の詐欺まがいの経営手法を取り上げ、同社社長に直撃取材を行いました。

その結果は?


スポンサーリンク

何ですか?レオパレス銀座って。

あなたは「レオパレス銀座」と呼ばれる場所を知っていますか?

各地に◯◯銀座って名称がよくありますよね。

「レオパレス銀座」って、ちょっと異様な名称な気がします。

その場所は、三重県津市駅から車で10分ほどの所に存在します。

そこは田畑が広がる平野部で、異様なくらいアパートが立ち並んでいるのです。

レオパレス銀座

その規模、1km内に40棟ものアパートが乱立しています。

その殆どが、レオパレス21のアパートなのです。

「ガイアの夜明け」の番組内で、アパートオーナーの1人が証言していました。

借金2億円抱え、レオパレス21のアパートを建てたました。

これは、レオパレス21の「一括借り上げシステム」で、営業マンに次のように説明を受けたのです。

入居者がいなかったとしても、一定額の家賃がオーナーに支払われ、それが30年間続く。

先の証言者は、こう思ったそうです。

これは相続税対策になる。毎月の収入が保証されている。30年間安定的に経営できる。これは入らない手はないよね。

こんな説明を受けたら、誰しもそう思いますよね。

スポンサーリンク

うまい話に裏がある。

アパートオーナーにリスクがない話には、やっぱり裏がありました。

レオパレス銀座のように、気付けば証言者の建てたアパートの周りはレオパレスだらけになっていたのです。

さらに、レオパレス社は入居率が下がったことを理由に、家賃収入の30%減額を提案してきたのです。

レオパレス銀座を造ったのはレオパレス社です。ひどい話ですね。

証言者は次のようにコメントしています。

アパートを乱立させたレオパレスが、入居率のことをあれこれ言うのはお門違いだ!

レオパレス21

証言者はアパートオーナー契約を打ち切られ、解約当時の入居は1部屋だけ。しかも、家賃収入はたったの2万円。

今でも赤字経営に苦しんでいます。詐欺と言われても仕方がないでしょう。

他の証言者の話では、アパートオーナーが家賃の減額や解約に応じなければ、レオパレス21の営業マンに数時間粘られ、こんな脅し文句を言われたようです。

今日契約しないと倍くらいの減額になるぞ。

このようなレオパレス社の乱暴な営業手法を受けて、ビルオーナー277人が減額の取り消しを求める集団訴訟を起こしています。

スポンサーリンク

攻めるテレビ東京!

このような状況をレオパレス社に確認するため、テレビ東京は取材を申し込みました。

すると、レオパレス社の深山英世社長が自ら取材に応じたのです。

深山英世社長は、次のように弁明します。

リーマンショックがありました。部屋を使う需要が企業を中心に喪失されていく中で、入居率がかなり低下した地域もあった。
それに基づいてオーナー様と協議をして、同意のもとに改定手続きをしました。

テレビ東京の取材記者から、レオパレス社の営業マンがビルオーナーに脅迫的に署名を求めていたことを問われると、このようにコメントしました。

脅迫めいた署名を求めるなどの対応も、私はないと思っています。

テレビ東京は、ここで攻めます。

テレビ東京が独自入手したレオパレス社の社内メールを、深山英世社長に突きつけます。

そのメールには『終了プロジェクト』と題されたレオパレスの戦略が示されていました。

そのメールには、以下のことが記載されていました。

  • 契約から10年を超えたアパートは、基本的に解約を前提とした交渉を行う。
  • 10年未満は、家賃を大幅に減額。

レオパレス社の営業マンに、ビルオーナーの解約を辞さない強気の交渉をするよう、メールの一斉送信で指示していたのです。

このメールを印刷したものを深山英世社長に突きつけ、テレビ東京の取材記者が次のように問い詰めます。

「解約を前提とした交渉を行う」ことが社内のメールで回っていると読めるんですが。違いますか?

深山英世社長はこう答えます。

私のコメントは差し控えさせていただきたい。

逃げちゃ駄目ですね、深山英世社長。

ネットでは、テレビ東京を賞賛する声が上がっています。

  • おいおい、テレビ東京がまた攻めてるぞ!
  • テレ東は頑張った!
  • 最近なかなかジャーナリスティックでいいですね!

民放って、スポンサーとの関係がありますから、一般企業を番組内で攻めることが中々できません。

その慣習にとらわれないテレビ東京。流石です。

スポンサーリンク

反撃に出たレオパレス社!

「ガイアの夜明け」放送翌日、レオパレス社は自社のホームページでテレビ東京への抗議文を掲載しました。

番組内容が「著しく印象操作される内容だった」と講義しています。

工事分の内容は、以下のとおりです。

2017 年12 月26 日放送のテレビ東京『日経スペシャルガイアの夜明け』にて、当社について放映されました。
公平な放映がされるように、真摯に取材対応しておりましたが、著しく印象操作される内容になっております。
当社としましてはテレビ東京に対し、厳重に抗議及び訂正を求める方針で準備を進めております。

テレビ東京 VS レオパレス社

勝利の女神はどちらに輝くのでしょうか。

これからもテレビ東京から目が離せませんね!

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!