千葉県いすみ市の「大原はだか祭り」2018年の日程、アクセス、見どころを紹介!

大原はだか祭り

2018年9月23日(日)から9月24日(月・祝日)千葉県いすみ市で開催される「大原はだか祭り」。

2018年の日程、見どころ、アクセス方法などを紹介します。


スポンサーリンク

大原はだか祭りとは?

大原はだか祭りは、江戸時代から150年以上続いている伝統的な祭りです。

このことは大井区の瀧内神社に祭りの風景を措いた絵馬があり、その絵馬が1864年に奉納されたことや、別の絵馬に天保12年とあることから、160年前の天保年間にすでに、祭礼のしきたりや組織が出来あがっていたことがうかがわれるのです。

五穀豊穣、大漁祈願のための祭りと言われています。

その見どことはなんと言っても、海の男達が行う大迫力の「汐ふみ」です。

18社神社からそれぞれの神輿が出され、担いだまま海に入って行くのです!

「大原はだか祭り」は、地元の方にしか知られていなかったお祭りでした。

しかし、1973年に千葉国体の開会式に大原の神輿が参加した事で全国的に有名になり、現在は8万人以上の方が訪れるお祭りとなりました。

スポンサーリンク

2018年の「大原はだか祭り」開催日程

  • 場所:千葉県いすみ市大原(大原駅)
  • 日付:2018年9月23日(日)から9月24日(月・祝日)
  • 時間:8:30〜22:00
  • 場所:大原海水浴場、大原小学校、大原中央商店街、他周辺一帯
  • TEL:0470−62−1243
  • 主催:大原はだか祭り実行委員会

大原海水浴場の場所は次ととおりです。

大原小学校の場所は、次のとおりです。

大原中央商店街の場所は、次のとおりです。

スポンサーリンク

2018年の「大原はだか祭り」見どころ

「大原はだか祭り」で最も盛り上がるのは、なんと言っても「汐ふみ行事」です。

海の男達が荒波を立て、18基の神輿を担ぎ入っていく大迫力に心奪われます。

その模様はコチラです。

大原はだか祭り

大迫力ですよね。

大原はだか祭り

こちらも、「海の男」って感じがプンプン臭ってきますね。

これ以外にも「大別れ式」があります。

大別れ式は、神輿を高く上げて別れを惜しみます。

その模様はコチラです。

大原はだか祭り

哀愁が漂ってますよね。

スポンサーリンク

「大原はだか祭り」のアクセス方法

大原はだか祭りは、3つのアクセス方法があります。

  • 徒歩
  • 電車

■徒歩のアクセス方法

  • 自力で歩いてきて下さい(笑)

■電車のアクセス方法

  • 千葉駅からJR外房線の安房鴨川行で約60分。大原駅下車。
  • 茂原駅からJR外房線の安房鴨川行で約30分。大原駅下車。
  • 大原駅から大原海水浴場まで徒歩約20分
  • 大原駅から大原中央商店街まで徒歩1分
  • 大原駅から大原小学校まで徒歩約10分

■車でのアクセス方法

  • 京葉道路→東金有料道路(東金IC)→東金九十九里有料道路→九十九里有料道路→国道128号
  • 京葉道路(蘇我IC)→外房有料道路→県道21号線(茂原市経由)
  • 東京湾アクアライン→首都圏中央連絡自動車道(市原鶴舞IC)→国道297号(大多喜町経由)

様々な交通手段がありますから、是非、「大原はだか祭り」に足を運んで欲しいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

活気あふれる「大原はだか祭り」に興味を抱いたのではないでしょうか?

関東圏のみならず、全国から是非、遊びに来てその迫力を味わって欲しいと思います。

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!