野沢直子の長女が格闘技に参戦!

野沢オークライヤー

2017年4月13日、タレントの野沢直子さんの長女である真珠オークライヤーさんが、総合格闘技RIZINに参戦することが発表されました。

そもそも、真珠オークライヤーさんは、どのような経歴なのでしょうか?

スポンサーリンク



おいおい、なぜ美人なのだ?

今更ですが、野沢直子さんにお子様がいたのですね。

全然知りませんでした。

ご結婚していることは、知っていましたが。

そんな野沢直子さんの長女であるる真珠オークライヤーさんは、23歳、身長176センチ、体重56キロです。

野沢直子さんの娘さんとは思えないくらい美形で、スタイルも抜群です。

お父さんが超絶ハンサムなのでしょうか?

それとも・・・!?

いやいや、そんなことありませんよね。

深掘りしていくと、予期せぬ事実に直面するかもしれません(笑)

6歳の頃から空手を学び、22歳の頃には柔術も学び始めます。

芸人ではなく、格闘技の道を選んだのですね。

野沢直子さんのイメージと全く結びつかないです。

総合格闘技は2戦2勝1敗で、キャリアは短いです。

実際の試合を観たことがないのですが、どんな格闘スタイルなのでしょうね?

バンバン殴り合うようなスタイルなのでしょうかね?

格闘ファンとしては、一度試合を観たいです。

元関取、元プロボクサーが総合格闘技に参戦することはよくあります。

しかし、タレントの娘が総合格闘技に参戦する例は、あまりありませんよね。

具体的なRIZINの参戦日程はまだ決まっていません。

総合格闘技の実力はまだ未知数で、対戦相手もまだ決まっていません。

年内に日本でRIZINデビューする予定です。

RIZIN参戦にあたって、真珠オークライヤーさんは抱負を次のように語っています。

「日本の総合格闘技が成長する過程の一部に関わることができて、本当に嬉しい。大勢の日本人の前で、エキサイティングな試合をしたい」

言ってみれば、二世タレントですよね。

さらにRIZIN参戦。

これは、話題性抜群なので、大いに期待しちゃいます。

スポンサーリンク



野沢直子伝説。

そもそも、真珠オークライヤーさんのお母さんである野沢直子さんって、どんな人なのでしょうか?

野沢直子さんは吉本興業に所属し、1983年に芸能界デビューします。

野沢直子さんを一躍スターダムにした番組は、1988年10月にフジテレビで放送された伝説のコント番組「夢で逢えたら」です。

この番組には、若手時代のダウンタウン、ウッチャンナンチャン、清水ミチコさんが出演していました。

豪華な出演陣ですよね~。

今だったら、ギャラが高すぎて、このキャスティングはできそうにないですよね。

彼らが若手だったからこそのキャスティングですね。

当時、「ねるとん紅鯨団」を観て、その後に「夢で逢えたら」を観ていた記憶があります。

「夢で逢えたら」を観るのを楽しみにしていました。

特に、ガララニョロロが大好きでしたね(笑)

皆さんは、このキャラクターをご存知でしょうか?

是非、ご覧いただきたいです。

これ以外にも、人気番組「クイズ世界はSHOW by ショーバイ」、「笑っていいとも」等にレギュラー出演し、女芸人として人気を不動のものにします。

しかし、1991年3月に日本の芸能活動休止を宣言し、全てのレギュラー番組を降板します。

芸能活動休止の理由は、単身渡米するためでした。

今話題の、お笑い芸人ピース綾部さんのように、アメリカに憧れがあったわけではないのです。

ダウンタウンやウッチャンナンチャンが冠番組を持つようになり、自分はまだ冠番組を持てず「冠番組よりも世界を目指す!」と見栄を切ってしまい、後に引けなくなったのです。

僕が思うに、野沢直子さんはプレッシャーや劣等感を感じていたのかな~?って思います。

「夢で逢えたら」は、台本はありましたが、共演者はコント中に「共演者を笑かしたる!」という想いで、アドリブをどんどん入れていました。

共演者の笑いのスキルと、自分のスキルを比較して「彼らには敵わない」と感じ、プレッシャーになったのだと思います。

だからこそ、戦いの場を日本から海外に向けたのだと考えています。

言い方を変えれば「日本から逃げた」と言えるでしょう。

追い詰められたら「逃げる」ことだって大切です。

精神的に参ってしまいますからね。

全てのレギュラー番組を降板しましたが、1、2年後に日本に戻ってくるという約束のもと、所属事務所の吉本興業は、野沢直子さんに給料を払い続けたそうです。

本気で戻ってきて欲しいという事務所の気持ちの現われだと思います。

吉本興業の待遇の悪さを、たまに芸人がネタにしていますけど、いい事務所ですね。

スポンサーリンク



この顔面、凶器につき。

ちなみに、野沢直子さんは、「顔面凶器」の異名を持つ強面俳優でお馴染みの小沢仁志さんと中学1年生の頃、同級生でした。

「顔面凶器」って、誰が考えた言葉でしょうね。

ピッタリ過ぎます(笑)

見事すぎる「あだ名」ですね。

小沢仁志さんについて、こんな風に語っています。

「当時からヤンチャで、今と変わってない。中学1年生の時からパンチパーマでしたよ」

想像して下さい。

中学1年生でパンチパーマ。

先生も話しかけることができませんね、こりゃ(笑)

野沢直子さんは渡米後、アメリカ人のギタリストであるボブ・オークライヤーさんと出会い結婚、1男2女の母親となります。

その1女が真珠オークライヤーさんなのです。

野沢直子さんの生活の拠点はアメリカですが、毎年、夏頃に日本のテレビ番組に出演し、数ヶ月でアメリカに帰国しています。

自身は「出稼ぎ」と言っています。

個人的には、出稼ぎで、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンとのコント番組を観たいものです。

レギュラー番組でなければ、ギャラ問題は何とかなるかもしれないですね。

スポンサーリンク



誰と対戦するのか?

真珠オークライヤーさんは、まだ独身です。

現在、お付き合いされている人がいるのかどうか、わかりませんが、過去にアメフトをしている彼氏と駆け落ちした経験があるようです。

結局は破断となったそうですが。

現在、RIZINの女子格闘技の中心はRENAさんでしょう。

その可愛さだけでなく、RIZINで3戦3勝、山本美憂さんに1本勝ちの実力、大きな話題になりました。

強いですよね~、RENAさんは。

となれば、この試合を期待しますよね。

真珠オークライヤー VS RENA

是非、マッチメイクを高田延彦統括本部長にお願いしたいところですね。

高田延彦統括本部長、一言お願いします。

「真珠オークライヤー VS RENA、出てこいや~!」

スポンサーリンク



よかったらいいね・シェアお願いします!