【九大暴行】宮沢健介容疑者の顔画像は?九州大学の准教授が放生会(祭り)途中の児童を膝蹴り!

宮沢健介

福岡市の路上ですれ違いざまに5歳の男の子の腹を蹴った疑いで、自称九州大学の准教授宮沢健介容疑者が逮捕されました。

東大卒のエリート教授。

一体何があったのでしょう?

事件の概要

事件が起きたのは、福岡県福岡市。

2018年9月16日の17時ごろ、福岡市東区の路上で向かい側から歩いてきた5歳の男の子の腹をひざで1回蹴った疑いで、自称・九州大学准教授の宮沢健介容疑者が逮捕されました。

男の子は両親と一緒に、博多三大祭りの一つ「放生会」に向かう途中でした。

父親が立ち去ろうとした宮沢健介容疑者を取り押さえました。

警察の調べに対して、次のように供述して容疑を否認しています。

何かに当たったが、相手の子どもに気付かなかった。何かにぶつかったのは事実だが、わざと蹴ったわけではない。

九州大学は、同じ名前の准教授はいるが本人かどうか確認するとしています。

普通に歩いていて、偶然、男の子の腹を膝で蹴ることってあり得るでしょうか?

宮沢健介

しかも、それに気が付かないことなんてあり得るのでしょうか?

供述内容が、ちょっと怪しい気がしますよね。

そんな宮沢健介容疑者は、どのような人物なのでしょうか?

宮沢健介容疑者の顔写真

宮沢健介容疑者について、現在判明している情報は次のとおりです。

  • 年齢:37歳
  • 職業:自称・九州大学の准教授

ネットで調べる限り、確かに九州大学に宮沢健介という准教授が在籍しています。

経歴を調べてきました。

  • 2004年:東京大学卒業
  • 2006年:東京大学修士課程終了
  • 2010年:東京大学博士課程修了
  • 2012年:九州大学講師
  • 2013年:九州大学准教授

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。※大学名から本人である可能性のあるアカウントはありました。

気になる方は、こちらから見て下さい。
Facebookアカウントの検索結果。

詳細が判明次第、このサイトでも順次情報を更新していきます。

犯行現場

犯行現場となったのは、福岡市東区箱崎1丁目の筥崎宮の参道脇。

場所を調べてみました。

博多三大祭りの一つ「放生会」に向かう途中で起きた事件です。

こちらも詳細が判明次第、このサイトでも順次情報を更新していきます。

博多三大祭の放生会

放生会は、博多三大祭の1つです。

春の博多どんたく・夏の博多祇園山笠とならび博多三大祭りに数えられる筥崎宮放生会は「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」お祭りです。

その起源は「合戦の間多く殺生すよろしく放生会を修すべし」という御神託によるもので、千年以上続く最も重要な神事です。

また、一年おきに福岡市無形民俗文化財指定の御神幸(御神輿行列)が行われ、七日間の期間中は参道一帯に数百軒の露店が立ち並ぶ、九州随一の秋祭りです。

2018年9月12日〜18日の日程で開催されています。

放生会

放生会供養祈願祭

私たちの生命は、他の生命の犠牲の上に成り立っています。

日頃は意識することは少ないですが、これら物言わぬ生命のおかげで、私達は生かされています。筥崎宮・放生会供養祈願祭は、あらゆる生き物の霊を慰め、感謝の気持ちを捧げるとともに、さらなる商売繁盛、家内安全を祈る神事です。

ネットの反応

  • ぶつかったり触られたりされてもわからない激混み状態。本当にやったのかわからんよ。
  • 混んでいてイライラしていたのかも。
  • あの混雑じゃイライラするのも無理ない。普段みかけない風貌で、しかも歩き方もマナーの悪いやつばかり。今回は九大准教授だからニュースになったのだろう。
  • 「何かに当たったが」って、ひき逃げ犯と同じく自分がした事をまったく反省していない人間の言い訳。

祭りで混在している最中の事件についての声が多かったことが印象的でした。

祭りは人でごった返しますから、人にぶつかったりしたことに気が付かないことがあるかもしれませんね。

一方で、あまりの人混みにイライラして故意にぶつかることもあるでしょう。

真実はどちらなのでしょうね。

暴行事件は、このサイトでも紹介しましたね。
安田明史容疑者の顔画像、Facebookは?サザン原由子さん実家の天ぷら屋「天吉」で暴行事件が発生!

自分の行動は常に冷静でいることが大切ですね。

よかったらいいね・シェアお願いします!