桐生祥秀が9秒98!日本の陸上界に永遠に名を残す。

桐生祥秀選手が公式記録で日本人初の9秒台をマークしました。

実は、この記録は予言されていたと言われています。

当時の予言はこちら。

スポンサーリンク



桐生祥秀プロフィール

生年月日:1995年12月15日(21歳)
身長:176cm
体重:70kg
出身地:滋賀県彦根市
所属:東洋大学

日本人初の9秒台は誰が出すのか?

ここ最近の日本陸上界は、この話題で持ちきりでしたね。

サニブラウン選手、多田修平選手、ケンブリッジ選手など、「あと少し」で9秒台に迫る選手が多数輩出されています。

2017年の世界陸上で、日本人初の9秒台が期待されましたが、願いは叶いませんでした。

あのボルト選手は世界陸上の後、このようにコメントしています。

日本の陸上はレベルが上ってきている。2年以内に9秒台を切れるだろう。

ボルト選手の予想はいい意味でハズレることになりました。

桐生祥秀選手が、日本学生対校選手権でついに9秒98を記録したのです。

日本陸上界の歴史に、間違いなく名を残す事になりますね。

最も9秒台に近い男だった。

桐生祥秀選手を一躍有名にしたのは、高校3年生の時に記録した10秒01でしょう。

これは当時、日本歴代2位の記録で、高校生がマークしたのですから。

日本記録は、伊東浩司選手が1998年に記録した10秒00でした。

世間は桐生祥秀選手に日本人初の9秒台を期待しました。

さらに、2015年にアメリカで開催された協議会で、追い風3.3メールの参考記録でしたが9秒87をマークします。

否応なしに9秒台への期待が高まります。

しかし、2017年の世界陸上では、男子100メールの代表に入ることが出来ませんでした。

9秒台のプレッシャーや、多くのライバルが出現したことで、調子が上がらなかったと思われます。

故障も影響していたのでしょう。

しかしながら、挫折を経験した後、日本人初の9秒台を記録したのは、桐生祥秀選手でした。

自身のツイッターでこのようにコメントしています。

10秒01出してから4年。9秒98に。たくさん書きたいことはありますが、まずはありがとうございました。本当に応援が力になりました。世界のスタートラインです。

そうなんですよね。

9秒台は日本人の悲願でしたが、世界で勝利するには9秒台が必須条件です。

世界のスタートラインに立っただけ。と捉えることもできますね。

そんな9秒98の日本記録ですが、これは予言されていたと言われています。

一体、どういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク



運命的な予言。

桐生祥秀選手が高校最後のインターハイで着用したゼッケンが、実はコレだったのです。

はい、ゼッケン番号が「998」です。

予言と言うか、運命的ですよね。

ゼッケン番号「998」を付けた4年後に、9秒98を記録する。

何かの縁を感じてしまいますよね。

桐生祥秀選手はまだ21歳です。

陸上選手としての伸びしろは、まだまだあります。

どこまで記録を伸ばすことができるのか、期待が膨らみますね。

スポンサーリンク



よかったらいいね・シェアお願いします!