格闘ゲームで優勝してグフフな生活を満喫?

ラスベガスで開催された世界最大の格闘ゲームイベントで、日本人が優勝したそうです。

この大会で得た賞金にビックリです。。。


スポンサーリンク




偉大すぎるぜ!ストⅡ

格闘ゲームって世界的に大会が開催されていますよね。

その火付け役は、間違いなく「ストリートファイターⅡ」でしょう。

いわゆる「ストⅡ」です。

僕も、ゲームセンターや家庭用ゲーム機でプレイしていましたね。

なかなか昇竜拳が出せなくて練習しましたよ。

ゲームセンターの操作はレバー式なので、家庭用ゲーム機の操作に慣れてしまうと、全然昇竜拳が出せません(笑)

波動拳すら失敗することが多々ありました。

僕はコアなゲーマーではないので、当然、ゲームセンターで対戦はしませんでしたね。

プレイを観られるのも恥ずかしいので、お客さんが少ない、ちょっとマイナーなゲームセンターに行ってました。

「ストⅡ」の功績って多大なものがあると思ってます。

このゲームがなければ、格闘ゲームはブームになっていなかったと思うのです。

さらに、「ストⅡ」のお陰で、ゲームメーカーは違いますが、フルポリゴンの「バーチャファイター」に繋がりましたよね。

「バーチャファイター」を初めて観たとき、衝撃を受けましたね。

今までの格闘ゲームは、2次元が普通でしたから。

まさか3次元で格闘ゲームをプレイできるとは!

って感じでしたね。

今見ると「カクカク」したポリゴンなのですが、当時はそれでも十分な衝撃力を持ってました。

他社も格闘ゲームをリリースしましたが、やはり格闘ゲームと言えば、「ストⅡ」か「バーチャファイター」ですよね~。

スポンサーリンク




あれ?格闘ゲーム大会ってギャンブルなの?

コンピューターゲームが世界的に普及して、今では「e-Sports」って言葉までありますよね。

格闘ゲームに限らず、ゲームが世界的にスポーツとして認知されつつあるって感じです。

何と言っても、世界大会の中には賞金総額が10億円を超えるものまであるのですから。

日本競馬の有馬記念は、優勝したら3億円ですよ。

有馬記念で賞金総額10億円は越えませんよね。

それだけ、ゲームの世界大会はビックイベントと言えます。

プロゲーマーの中にはスポンサーが付いて、格闘ゲームだけで生計を立てているツワモノもいますからね。

プロスポーツ選手と同じ扱いですよ。

遠征費用をスポンサーが持ってくれたり、優勝すればインセンティブが支払われたり。

でも、日本人のプロゲーマーってあまり話題になりませんよね。

僕も「この人!」っていうプロゲーマーを知りません。

さらに、日本で優勝賞金が高額な格闘ゲーム大会の開催って、聞いたことがありません。

どうやら、法律的にグレーな解釈となるようですね。

確かに、格闘ゲームの「腕(スキル)」が勝敗に大きく左右されますけど、ゲームですから運の要素も大きく勝敗に関わってきます。

ということは、優勝して高額賞金をゲットする格闘ゲーム大会は、ギャンブルって捉えることもできますね。

何とも難しいところですねぇ。。。

スポンサーリンク




驚愕の優勝賞金。

そんな中、最近日本人が世界最大の格闘ゲームイベントで優勝しました。

格闘ゲームは「ストリートファイターⅤ」です。

優勝賞金は、なんと約400万円。

あれ?意外と賞金少ないな。

こう思った人が多いのではないでしょうか?

競馬と一緒で、色々なレース(大会)が開催されいているので、今回の格闘ゲームの優勝賞金はこれくらいだったようです。

まぁ、個人として獲得する賞金としては、大金であることに変わりありませんけどね。

もちろん優勝賞金が数千万円のゲーム大会も存在します。

運の要素も左右されますから、高額な優勝賞金は燃えますよね!

プロゲーマーでなくても、優勝する可能性があるのですから。

日本でも、もっと高額な優勝賞金の格闘ゲーム大会が開催されれば、クールジャパンを推進できるかな~って思いましたね。

スポンサーリンク




よかったらいいね・シェアお願いします!